オール電化導入サポート

電気料金を見直しませんか。

毎月届く電力会社の電気メーター検針票をお手元に用意して頂けませんでしょうか。
その検針票の契約種別に「従量電灯A(B)」であればお客様に損な契約になっています。
内訳の欄に1段料金、2段料金、3段料金と書いています。 これって何だかお判りになります?
実はこの段階料金が損な契約になっている所なんです。
普通、物をたくさん買うと安くなりますよね。
電気に関しては使えば使うほど、料金単価が上がるシステムになっているんです。

「従量電灯」の仕組み

この契約を見直してみませんか?
電力会社の契約プランには、「環境性・経済性・安心・快適」をまかなう電気の給湯器の

「はぴeタイム」の仕組み

上の図の様に時間帯や曜日によって料金が異なります。
平日のお昼のみが割高になっており、その他は従量電灯料金より安くなっています。特に夜の料金単価はグッと下がって約1/3と、とても割安になっています。そこで、エコキュート(自然冷媒・ヒートポンプ給湯器)を導入して頂くメリットは、

エコキュートは、この夜の安い料金の時間帯で1日分のお湯を沸かすという事です。

登録店施工には機器10年保証がついてます。